2014年1月5日日曜日

【医学】睡眠障害「ナルコレプシー」を抑制する二つの神経回路 マウスで確認/金沢大


1 :白夜φ ★:2014/01/05(日) 00:55:53.02 ID:???

睡眠発作抑える回路 金大グループがマウスで確認

突然眠り込んでしまう睡眠障害「ナルコレプシー」を抑制する二つの神経回路を、
金大 医薬保健研究域医学系の研究グループが、2日までに解明した。
薬剤投与などでこの神経 回路の働きを活発にすると、症状が抑えられることをマウス実験で確認した。
ナルコレプ シーだけでなく、不眠症などさまざまな睡眠障害の治療に役立つことが期待できる成果と いう。
 
ナルコレプシーは突然深い眠りに落ちる発作の一種。
特徴的な症状として、日中に非常 に強い眠気が起こる「睡眠発作」と、気持ちが高ぶった時に全身の力が抜ける「情動性脱 力発作」がある。
睡眠と覚醒を切り替えるスイッチを制御する神経伝達物質「オレキシン 」がなくなると発症し、国内の患者は600人に1人とも言われる。

研究グループはナルコレプシーの症状を示すマウスを使った実験で、神経細胞から放出 されたオレキシンを受け取る
二つの神経回路を片方ずつ活性化させたところ、それぞれ「 睡眠発作」と「情動性脱力発作」の症状が大幅に減った。
この結果から、ナルコレプシー の症状は両方の神経回路を活性化すると抑制できることを突き止めた。

研究グループによると、この実験でオレキシンが睡眠と覚醒を制御する仕組みも解明で きたため、
多様な睡眠障害の治療に応用できる。将来的には遺伝子を使った治療法開発も 期待できる。

研究成果は2日、米科学誌の電子版に掲載された。
研究グループには三枝理博准教授、 櫻井武教授、大学院医薬保健学総合研究科医学博士課程大学院生の長谷川恵美さんが参加 した。
__________________

▽記事引用元 北國新聞 1月3日01時58分配信記事
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20140103105.htm

▽関連リンク
・Journal of Clinical Investigation
Orexin neurons suppress narcolepsy via 2 distinct efferent pathways
Published January 2, 2014
Received for publication May 13, 2013, and accepted in revised form October 15, 2013.
http://www.jci.org/articles/view/71017
・金沢大学
http://www.kanazawa-u.ac.jp/



3 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 01:15:32.59 ID:Mx0NaCRj

眠眠打破はかなり効くけど、ああいうシロモノはあんま飲むもんじゃないな体には必ず悪い



7 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 03:02:59.15 ID:vp8hh9Uh

カフェイン系のやつは体がなれると効かなくなってきた
今売ってるか知らないけどタウロポンってやつがよく効いたな
連続で飲んでたけど説明読むと一日一本で劇薬って書いてあったけど。
どれもこれもオシッコが臭くなるのが地味に欠点だよなー。



8 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 03:13:47.56 ID:QBF6eghO

野球しようぜ!
というか、ナルコレプシーに着目したリトルバスターズはある意味すごいよな。
CLANNADでノーベル賞とった南部陽一郎さんモデルにしたりとか。
まじかよ!って思った。



9 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 05:19:30.71 ID:PzvjVqfO

鬱で死にそうだった時、辛うじてリタリンに救われた
心ない人の濫用が問題になって今では摘要外れちゃったし
あんなもので得られる心の平穏は偽物だって言う人もいるけど、
きちんと節度を持って服用すれば他の薬とは比較にならないほど
QOLを上げられる薬でもあった

この研究が進めば覚醒剤に近いアッパー系の薬は駆逐されるんだろうな

幸い俺にはたぶんもう必要無いけど、低血圧や鬱とかは
「死ななきゃそれで充分でしょ」って言う治療が殆どだから
患者は辛い思いを引きずりながら闘病するしか無いんだよな



10 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 08:29:31.56 ID:887nsGfr

支援
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4785789.jpg


0 件のコメント:

コメントを投稿